HYPER SBI

ネット証券最王手の一つ、SBI証券。口座開設数、国内株式の個人売買代金シェアなどでネット証券No.1の実績を持っています。この記事では、そんな最強のネット証券が誇る超強力トレーディングツールHYPER SBIについて徹底解説します。

HYPER SBIはPC用のリアルタイム・トレーディングツールです。
これ一つで、投資に必要な情報収集から注文発注までをすべて行うことができ、あなたの快適なお取引環境をサポートしてくれます。
特に押したいポイントは3つ!
1つ目のポイントは『直観的な操作』
注文発注や訂正、取り消しは、板情報画面でドラッグ&ドロップのマウス操作をするだけ。快適な操作性でイライラを感じる場面がなく、数秒を争うようなアクティブトレーダーも大満足の機能です。加えて、チャート等一覧画面で注文一覧ビューを表示することで、複数銘柄の発注後のウォッチもとても簡単に行えます。
2つ目のポイントは『充実したテクニカル指標』
40種類以上のテクニカル指標を表示することができ、複数同時表示も可能なため、さまざまな指標に基づいて売買のシグナルを確認することが簡単にできます。チャートは20年以上前の値動きを参照することもでき、銘柄や指数などの値動きを比べられる相対チャートなど役立つ機能も盛りだくさんです。
3つ目のポイントは『アラート機能』
「株価・市況」・「信用建玉評価損益」・「注文」に関して条件を決めて通知するよう設定する機能があります。メールでの通知機能は、外出先でも売買のタイミングを逃さないので非常にうれしいですね!
もちろん、個人投資家として重要視したいマーケット情報やニュースなどの投資関連情報も非常に充実しています。個別銘柄については、板情報や歩み値、ニュースやチャートといった個別株の関連詳細情報に加え、騰落率のランキングなど役に立つきのうもあります。お気に入りの銘柄は登録することで検索する手間を省くことができます(1万件まで登録可能)。
ニュース画面では、レイアウトに工夫が凝らされています。20種類以上に分類されたカテゴリの中から気になる分野を直感的に探すことができます。また、東洋経済新報社提供の「四季報速報ニュース」を先取りで手に入れることができるのもなんともうれしいポイントですね。

以上、個人ネット投資家に大人気のSBI証券のHYPER SBIについての解説記事でした。 これからネット証券を始めようとしている方、今使っているネット証券に満足できないという方どちらにもお勧めできます。